転居先ですぐ必要なものをまとめておく

引越し先で困らないよう、掃除道具やゴミ袋、ティッシュペーパー、組み立てに使うドライバーなど、すぐ使うものは、なるべくまとめておきます。

食事に使う紙コップや紙皿、家電の設置に使う延長コードなども一緒にしておくと便利です。

また、引越し当日と翌日に使う洗面道具、下着、着替えなどは、すぐに使えるように旅行カバンなどにまとめて入れておきましょう。

家電・家具の取り扱いに注意する

テレビ・パソコン・ステレオなどは、買ったときの箱に入れるのが一番いいです。

すでに箱を処分している場合は、なるべく大きさが近い箱に入れます。

配線を取り外し、本体の穴と対応するコードに合番を書いておくと、引越し先で取り付けるときに迷わずに済みます。

また、様々な家電のリモコンは、一緒にまとめておくと、後で見つけるのに困りません。

冷蔵庫について、引越しの前日までに中身を片付け、電源を切って霜取りをし、乾いた状態にしておきます。

これをしないと、運搬中に水が出て故障の原因になったり、ほかの荷物を汚すことになります。

搬入して設置した後は、1時間以上経過してから電源を入れるようにしましょう。

石油ヒーターは、中に灯油が残っていると事故のもとになるので、灯油を残さないようにします。

できれば屋外で空焚きしておくとベストです。

組み立て家具の金具は小さな袋にまとめておきます。

引き出しのあるものは、運搬中に車の中で飛び出さないように、テープで留めておきましょう。