アパートやマンションなどの賃貸住宅から引っ越す場合、絶対に忘れていけないのが退去予告(解約手続き)です。

契約期間が終わる前に退去する場合は、退去予告をする必要があります。

契約書には「退去予告は1ヵ月前までにすること」などと書いているはずです。

場合によっては、3ヵ月前までということもあります。

この退去予告を忘れると、「ダブル家賃」の悲劇に見舞われるはめになります。

ダブル家賃に気をつけて!

たとえば、新しく部屋を見つけたので、すぐ契約。それと同時に退去予告をしても、住んでいる部屋の退去予告が3ヵ月前と決められていれば、住んでいなくても家賃を払わなければなりません。

ですから、住み替えを考えている人は、今住んでいる部屋の契約書を読み直して、退去予告時期とその仕方を確認してから新居探しに取り掛かりましょう。

とはいえ、2週間程度のダブル家賃はやむを得ないものと考えておくのがよいです。